ご高齢の方・障がいがある方・車椅子や杖を使用される方との旅行に同行した添乗員の旅日記です。参加者の旅の喜びや、日本・世界のバリアフリー・UD情報もご紹介します。


by tabinoyorokobi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:清和文楽の旅( 1 )

これはいい!清和文楽

梅雨の頃でも、猛暑の頃でも、厳冬の頃でも、心配なく行けて、楽しめる、ユニバーサルデザインの観光地がある。「清和文楽館」

まずは、腹ごしらえ。 文楽館に隣接するレストランで、地元の食材をたっぷり使ったお弁当をいただく。 偶然、日本・世界で活躍されている童謡歌手、大庭照子さんに出会った。
お声をかけると、優しい笑顔でツアーのお客様の前でお話してくださった。
大庭照子さん、DOYO組の童謡コンサートを聞いた事があるが、とても癒される。
いつかコンサートを聞きに行くツアーをやりたいものだ。

f0178751_634968.jpg


開演まで時間があるので、ショッピングと、資料館見学。
隣接している物産館では、ブルーベリーや、トマト等、新鮮な農産物が手にはいる。

f0178751_64946.jpg


資料館では、清和文楽の歴史、古くから伝わる人形や、カラクリの様子を知ることが出来る。

f0178751_642898.jpg


いよいよ開場だ。 おおっ。 芝居小屋らしい。

f0178751_655130.jpg


今日の演題は、「日高川入相花王」 有名な、安珍・清姫の物語だ。

クライマックスは、清姫が大蛇に早変わりする場面。 清姫の顔が鬼に変わった!
分ってはいても、ドキドキする。 

清和文楽がいいのは、お芝居後、演者の皆さんと、交流することが出来る点である。
人形も操作させてくれる。 
普段は地元で様々なお仕事をされている演者の皆さん。
汗一杯かかれた演者の皆さんとの語らいは、旅を印象深いものにしてくれた。

f0178751_6171122.jpg
f0178751_6172189.jpg

[PR]
by tabinoyorokobi | 2008-06-24 23:44 | 清和文楽の旅