ご高齢の方・障がいがある方・車椅子や杖を使用される方との旅行に同行した添乗員の旅日記です。参加者の旅の喜びや、日本・世界のバリアフリー・UD情報もご紹介します。


by tabinoyorokobi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:さっぽろ雪まつり( 5 )

小樽から札幌に戻り、雪まつり会場を散策
f0178751_11525233.jpg
―大雪像の前で集合写真(今年はワンピース)―
オレンジの腕章をつけている方々は札幌のボランティアさんです。

散策中に、ボランティアハウスで休憩することもできます。
f0178751_127151.jpg
ストーブの前で、温かいお茶をいただき、ホッとひと息。
現地ボランティアさんと語らいながら、身も心もあたたかに・・・

歩く方には、ワンタッチの滑り止めを準備しました。
f0178751_12152636.jpg


現地ボランティアさんは、車いすを押してくださるだけでなく、カメラマンの役目も。
「写真撮りましょう」と思い出を残すお手伝いもしてくださいました。
f0178751_12185238.jpg


この日の夕食は、ホテルで食べた方、雪まつり会場で好きなものを買って、ボランティアハウスで食べた方、北海道にきたからとジンギスカン料理を食べた方、それぞれでしたが、現地ボランティアさんがついてくださるので、別行動でも安心でした。


「雪まつり」には憧れるけど、寒いのが心配。
でも現地ボランティアさんのお手伝いを聞いて、思い切って参加された方がほとんど。

「思い切ってきてよかったぁ!」との声を聞きながら、帰熊しました。
[PR]
by tabinoyorokobi | 2012-03-22 13:22 | さっぽろ雪まつり
2日目は、小樽へ
バスの中から見る雪の深さに感激しつつ、
交通標識も熊本では見ることのできないものが珍しく、写真をパチリ。
f0178751_201374.jpg
―赤白の矢印は、道路の端を知らせるもの―

f0178751_171720.jpg
―停止線がこんな上に―

バスがマイクロの為、今日のボランティアさんは、6人しかバスに乗車することができず、
あと6人のボランティアさんがJRで小樽へ移動。小樽で合流し、雪の小樽の町を散策。
f0178751_2049582.jpg
―現地ボランティアさんと合流です―

f0178751_20221965.jpg


小樽の町には、何ヶ所かに多目的トイレもあります。
f0178751_21129100.jpg


チーズケーキで有名なルタオや北一硝子など、現地ボランティアさんと思い思いに散策したあと、札幌大通りの雪まつり会場へ移動しました。

 つづく・・・
[PR]
by tabinoyorokobi | 2012-03-08 21:06 | さっぽろ雪まつり
まずは、徒歩約10分ほどですすきのへ。
ここは氷の祭典の会場です。
f0178751_18433931.jpg


さすがサッポロ。ビールの氷像や氷漬けされた魚たち。
f0178751_18484019.jpg


すすきのからは、地下街を通って、雪まつりの会場・大通公園へ
夜は、ライトアップされた雪像を見ることができます。
f0178751_1855977.jpg
 ―「海の水族館」の前で集合写真―

夕食には、みんなでカニをいただきました。
f0178751_1961550.jpg


夕食の後は、ホテルへ
宿泊のホテルには、大浴場があるので、現地のヘルパーさんに入浴介助をお願いしました。
シャワーキャリーを持ってきていただいたので、車いすご利用の方も大浴場で入浴できます。
f0178751_19101912.jpg

入浴介助に来ていただいた方は、昨年と同じ方で
「昨年のお客様が、露天風呂に入って喜ばれてた」からと、
今年のお客様も露天風呂を勧めてくださっていました。その細かい心配りに感動です。
「いつもはシャワーだけで、何ヶ月ぶりかにお風呂に入った」と言われる方もいらっしゃって、
お客様も大喜び。
おかげで雪まつり見学で冷えた体も温まりました。

  つづく・・・
[PR]
by tabinoyorokobi | 2012-02-24 19:35 | さっぽろ雪まつり
2/9~2/11、さっぽろ雪まつり行ってきました。
今回は、お客様8名(内、車いすご利用の方6名)と旅行介助ボランティア1名。

熊本~羽田~新千歳と乗り継いで行きましたが、
どの空港でもANA(今回はANA利用)の職員さんがお手伝いしてくださいました。
f0178751_145046.jpg
 ―羽田空港で、新千歳便の搭乗口に移動の様子―

新千歳空港では、リフト付マイクロバスが迎えてくれました。
f0178751_1458262.jpg


車窓から市内観光をしながら宿泊ホテルへ。
ホテルで、現地でお手伝いをしてくださるボランティアさんと合流です。
今年も札幌のボランティアサークル「手と手」さんにご協力いただきました。
雪用の車いすと防寒着「ぬくぬく」を持って、何と13名の方が来てくださいました。
f0178751_1564515.jpg
 ―雪用車いすと防寒着・ぬくぬく―

f0178751_159890.jpg
 ―ぬくぬく着用~足元までスッポリです~―

あったかくして、いよいよ夜の街に繰り出します。
f0178751_1512445.jpg
 ―雪道に慣れた現地ボランティアさんが、ひとりに2名~3名ついてくださいます―

  つづく・・・
[PR]
by tabinoyorokobi | 2012-02-23 15:20 | さっぽろ雪まつり

さっぽろ雪まつり

旅のよろこびUDツアーでは、2月7日~9日の2泊3日で、
『さっぽろ雪まつり』に行ってきました。

今回は、50年以上も一緒に旅行を楽しまれているお友達同士の女性2名様
仲のいい穏やかなご夫婦
そして発病以来、7年ぶりの家族旅行というファミリーとお友達7名様のグループという
全員で11名のツアーでした。

憧れの白銀の世界、迫力ある雪像・・・
北海道旅行で毎回お世話になっているボランティアサークル『手と手』さんの
協力により、寒くなく安心して雪まつりを楽しむことができました。
f0178751_1562478.jpg
**サザエさんの雪像の前で**

11名のお客様に対して、ついていただいたボランティアさんはなんと16名!
車椅子のお客様には2~3名、歩かれる方もしっかりとサポートしていただきました。
f0178751_15244998.jpg
**ボランティアさんと**

f0178751_15311338.jpg
**文字盤でコミュニケーション**

車椅子の方は、スキー板のついた車椅子と“ぬくぬく”という防寒着を貸していただけます。
f0178751_15393053.jpg


f0178751_15435738.jpg
**着るとこんな感じ**

f0178751_15404137.jpg
**足元まですっぽりです**

散策途中にボランティアハウスでひと休みすることもできます。
f0178751_15461385.jpg


最後に・・・
今年話題の斉藤佑樹選手の雪像は、やはり人気でした。
f0178751_15504021.jpg

[PR]
by tabinoyorokobi | 2011-03-17 17:05 | さっぽろ雪まつり