ご高齢の方・障がいがある方・車椅子や杖を使用される方との旅行に同行した添乗員の旅日記です。参加者の旅の喜びや、日本・世界のバリアフリー・UD情報もご紹介します。


by tabinoyorokobi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:旅行介助ボランティア入門講座( 3 )

2011年度 旅のよろこび 旅行介助ボランティアスタッフ入門講座

主催 旅のよろこび社

開催主旨
旅のよろこび社では、しょうがいがあっても、高齢であっても、旅を楽しみたい全ての方に、行けるところにだけではなく、行きたいところに行っていただく旅行を提案しております。
介助があれば旅行を安心して楽しむことができる、という人がいる一方で、ボランティアをしたいという人もいます。旅のよろこび社では、旅行という素材で両者をつなぎ、誰もが安心して旅行を楽しめる社会をめざしたいと考えております。
しかし、旅行介助のボランティアをするには、気持ちだけでは不十分で、ある程度の知識や技術が必要となります。標記の講座を多くの方に受講していただき、自信を持って、旅行介助ボランティアを行える人材が増えてくることを期待します。

日時   7月 2日(土曜日)時間 午前 9時~17時45分
     7月 3日(日曜日)時間 午前 9時~17時45分

場所   熊本機能病院 地域交流館 市民塾ホール 熊本市山室6丁目8番1号

参加費 1日につき、2500円
(食事介助体験のための昼食代・実習時の傷害保険代を含む)
    1日だけの参加でも可

申込み 事前の申込みが必要(先着順 定員60名)
旅のよろこび社 電話 096-345-0811

講師

下肢にしょうがいがある方、車椅子を利用している方の旅行サポートについて
ヒューマンネットワーク熊本 自立生活推進総括責任者 山下紘史 氏

視覚にしょうがいがある方の旅行サポート及び、食事サポートについて
日本盲人会連合 参与 女性協議会会長 新城育子 氏

視覚にしょうがいがある方の手引き実習
講師 元熊本県立盲学校 教頭 坂本勝利 氏

知的・発達しょうがいがある方の旅行サポートについて
熊本県発達障害者支援センター 相談員 木佐貫 奈々 氏

聴覚にしょうがいがある方の旅行サポートについて
熊本県ろう者福祉協会常務理事 松永 朗 氏

認知症の方の旅行サポートについて
講師 認知症の人と家族の会 熊本県支部 職員

嚥下障がいがある方への食事介助について
講師 総合ケアサポートセンター天寿園 職員

救急時の対応について(てんかん・低血糖・誤飲窒息・熱中症 予防策と看護師ではなく、ボランティアとしての対応の仕方について)
講師 熊本機能病院 看護師 

AED操作と心臓マッサージ・人工呼吸の仕方について
講師 熊本機能病院 看護師

車椅子の仕組み・乗車体験・車椅子から座席への移乗実習。
講師 熊本機能病院 理学療法士


7月2日(土)プログラム
8時45受付開始
9時00分 主催者挨拶  旅のよろこび 代表取締役 宮川和夫
「今、求められる旅行介助ボランティア。共に旅の喜びを!」

9時10分~9時30時
講義 旅行介助ボランティアに必要な気配り 
講師 旅のよろこび 宮川和夫

9時30分~10時45分 
講義 下肢にしょうがいがある方、車椅子を利用している方の旅行サポートについて
講師 ヒューマンネットワーク熊本 自立生活推進総括責任者 山下紘史 氏

11時00分~12時15分
講義 認知症の方の旅行サポートについて
講師 認知症の人と家族の会 熊本県支部 職員

12時30分~13時30分
昼食体験実習(嚥下障がいがある方の昼食サポート ミキサー食・とろみ食を使っての食事介助体験)
講師 総合ケアサポートセンター天寿園 職員

13時50分~14時50分
救急時の対応について(てんかん・低血糖・誤飲窒息・熱中症 予防策と看護師ではなくボランティアとしての対応について)
講師 熊本機能病院 看護師 

15時05分~16時05分
AED操作と心臓マッサージ・人工呼吸の仕方について(体験は数名となります)
講師 熊本機能病院 看護師

16時20分~17時45分
車椅子の仕組み・乗車体験・車椅子から座席への移乗実習。
講師 熊本機能病院 理学療法士
7月3日(日)プログラム

8時45分 受付開始
9時00分~ 9時10分 主催者挨拶 旅のよろこび 宮川和夫

9時10分~10時45分
知的・発達しょうがいがある方の旅行サポートについて
熊本県発達障害者支援センター 相談員 木佐貫 奈々 氏 
11時00分~12時00分
講義 視覚しょうがいがある方の旅行サポートについて
講師 日本盲人会連合 参与 女性協議会会長 新城育子 氏

12時15分~13時40分
昼食体験実習 (視覚しょうがいがある方の昼食サポート・アイマスクをしている人に、食事介助をする)
講師 新城育子 氏 
(前班12時15分~12時50分)(後班13時05分~13時40分)

14時00分~15時45分
視覚にしょうがいがある方の手引き体験・実習
講師 元熊本県立盲学校 教頭 坂本勝利 氏

16時00分~17時15分
聴覚にしょうがいがある方の旅行サポートについて
熊本県ろう者福祉協会 常務理事 松永 朗 氏

17時15分~17時45分 
まとめ 終了
[PR]
by tabinoyorokobi | 2011-07-17 16:02 | 旅行介助ボランティア入門講座
7月2日(土)

9時30分~10時45分 
講義 下肢にしょうがいがある方、車椅子を利用している方の旅行サポートについて
講師 ヒューマンネットワーク熊本 自立生活推進総括責任者 山下紘史 氏
f0178751_16402367.jpg

山下さんのお話は心打たれるものでした。
しょうがい者の歴史についてや、今までの山下さんご自身のお話をしてくださいました。
恋のお話は心が温まりました。

11時00分~12時15分
講義 認知症の方の旅行サポートについて
講師 総合ケアサポートセンター天寿園 看護師 村上まゆみ 氏
12時30分~13時30分
昼食体験実習(嚥下障がいがある方の昼食サポート ミキサー食・とろみ食を使っての食事介助体験)
講師 総合ケアサポートセンター天寿園 看護師 村上まゆみ 氏
f0178751_16455811.jpg

認知症の方の旅行サポートについて、嚥下しょうがいについてをご説明いただき、
受講生のみんなで、実際にいただいてみました。

f0178751_15314744.jpg
とろみ剤を使用した汁物や、キザミ食を実際に食べてみたのも、いい経験になりました。

13時50分~14時50分
救急時の対応について(てんかん・低血糖・誤飲窒息・熱中症 予防策と看護師ではなくボランティアとしての対応について)
講師 熊本機能病院 看護師 高倉 朋美 氏
f0178751_16513047.jpg

熱中症の予防についてや、車酔いの予防、てんかん発作がおこった時の対応についてお話してくださいました。

15時05分~16時05分
AED操作と心臓マッサージ・人工呼吸の仕方について
講師 熊本機能病院 看護師 茂田 氏 河津 氏
f0178751_165764.jpg

心臓マッサージの練習、そして実際にAEDを使ってみました。

16時20分~17時45分
車椅子の仕組み・乗車体験・車椅子から座席への移乗実習。
講師 熊本機能病院 理学療法士 東 利夫 氏
f0178751_1723941.jpg

段差をおろす練習。
f0178751_1735435.jpg

車いすから、椅子や座席に移乗する練習。

実際に体験することによって、しょうがいがある方との接し方やサポートの仕方を学びました。
[PR]
by tabinoyorokobi | 2011-07-15 17:07 | 旅行介助ボランティア入門講座
7月3日(日)プログラム

9時10分~10時45分
知的・発達しょうがいがある方の旅行サポートについて
熊本県発達障害者支援センター 相談員 木佐貫 奈々 氏
f0178751_17392331.jpg

見通し・予告の大切さ、。抽象的ではなく具体的な説明など、サポートのヒントを学びました。
 
11時00分~12時00分
講義 視覚しょうがいがある方の旅行サポートについて
講師 日本盲人会連合 参与 女性協議会会長 新城育子 氏
f0178751_15343080.jpg

話す時はきちんと相手の顔を見て。当事者の隣を離れる時は、必ず声をかけるなど、サポートの仕方を学びました。
f0178751_1539522.jpg
 
12時15分~13時40分
昼食体験実習 (視覚しょうがいがある方の昼食サポート・アイマスクをしている人に、食事介助をする)
講師 新城育子 氏 
(前班12時15分~15時50分)(後班13時05分~13時40分)


クロックポジションで料理の位置を説明する。過剰な声かけは、食欲がなくなる。火がついているもの、倒しそうなものは教えて欲しいが、共に食事を楽しむ事が一番大切だと学びました。
f0178751_17525347.jpg


14時00分~15時45分
視覚にしょうがいがある方の手引き体験・実習
講師 元熊本県立盲学校 教頭 坂本勝利 氏

実際に歩いてみました。
f0178751_17561435.jpg

階段を上り下りしました。
f0178751_15354012.jpg


16時00分~17時15分
聴覚にしょうがいがある方の旅行サポートについて
熊本県ろう者福祉協会 常務理事 松永 朗 氏
f0178751_182275.jpg

コニュニケーションの方法として、手話の他、ゆっくりはっきりと話す(口元を見ていらっしゃる)、メモ用紙に書く等を学びました。
[PR]
by tabinoyorokobi | 2011-07-13 18:12 | 旅行介助ボランティア入門講座